インプラント・入れ歯

野村歯科矯正歯科のインプラント

歯を失った治療(補綴治療)としてもっとも一般的なのは入れ歯ですが、より自然な見た目や咬み心地を望む方にはインプラントがおすすめです。

インプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め込んでそこに人工歯を被せて歯の機能を補う治療です。人工歯根と顎の骨を結合させることで、 健康な歯とほとんど同等の力でしっかりと咬めるようになります。また、人工歯に使われるセラミックは自然な質感・色味を再現できるため、他の歯に見劣りすることはありません。

以下では、インプラント・入れ歯・ブリッジを比較しています。どの治療を受けるか迷われている方は、ぜひご参考にしてみてください。

インプラントと入れ歯・ブリッジの比較

インプラント 入れ歯(保険適用) ブリッジ
比較 インプラント 入れ歯(保険適用) ブリッジ
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感ない
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 簡単な治療で済む
  • 治療費が安く済む
  • 見た目がいい
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 維持するためには、口腔衛生をきちんと管理し定期検診を受ける必要がある
  • 見た目がよくない
  • しっかり噛むことができない
  • 違和感がある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなってくることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな力がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の流れ

Step1 人工歯根の埋入

顎の骨に人工歯根を埋め込む手術を行います。


Step2 治癒期間

人工歯根と骨がくっつくまで治癒期間を置きます。


Step3 土台の装着

人工歯根と骨の結合を確認後、土台を装着します。


Step4 人工歯の装着

土台の上に人工歯を被せて治療完了です。


PICK UP メインテナンスが重要です

インプラントは治療後のケアが肝心です。

健康な歯と同様に歯みがきを行うのはもちろん、あわせて定期検診をお受けください。
快適な状態を保てるようにしっかりケアをさせていただきます。


野村歯科矯正歯科の入れ歯

入れ歯には、総入れ歯と部分入れ歯の2種類があります。当院では、患者様のご要望にあわせて最適な種類・素材の入れ歯をご提案しています。 また、入れ歯の作製だけでなく、調整も行っていますので使用中の入れ歯に不満がある方もお気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

総入れ歯 部分入れ歯
総入れ歯 部分入れ歯
すべての歯を補う入れ歯を、歯ぐきの上に置くタイプのものです。歯ぐきの形状や吸盤の原理を利用して固定します。 部分的に失った歯を補うタイプの入れ歯です。保険のものの場合は、残っている歯にバネをかけて固定します。

当院の取扱入れ歯

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

樹脂でできた入れ歯です。やわらかい樹脂でできているため、歯ぐきにやさしくフィットします。金属の見た目が気になっていた方にもおすすめです。


マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石の力で固定する入れ歯です。金属の留め具がなく自然な仕上がりを再現できるのが特徴。着脱がとてもカンタンで、お手入れしやすくなっています。


コーヌスクローネデンチャー
コーヌスクローネデンチャー

茶筒のような形状の入れ歯です。二重構造の金属を重ねることで強固に固定されます。


金属床義歯(チタン・コバルトクロム)

歯ぐきにあたる床部分が金属でできた入れ歯です。強度が高く薄く作れるため、自然な噛み心地が得られます。

チタン・コバルトクロム

ワンポイントアドバイス 入れ歯のお手入れ

たまに入れ歯のお手入れは2~3日に1回という方がいらっしゃいますが、
できれば1日1回はお手入れしてください。
歯ブラシは入れ歯専用タイプのものがいいでしょう。

入れ歯のお手入れ

セラミックインレー治療症例紹介

セラミックインレー治療症例紹介
Before
セラミックインレー治療症例紹介
After
セラミックインレー治療症例紹介
Before
セラミックインレー治療症例紹介
After

ページの上部へ戻る